プログラマー兼主婦の雑記

築40年の戸建てに家族4人で住んでいます。

『知的創造の作法』を読んだら阿刀田高さんのブームがきました

短編小説家である阿刀田高さんのアイデア本を読みました。

知的創造の作法 (新潮新書)

知的創造の作法 (新潮新書)

読んだきっかけ

阿刀田さんのことは知らなかったのですが、池上彰さんと佐藤優さんの共著『僕らが毎日やっている最強の読み方;新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意』にて、古典などの教養をかいつまんで上手に教えてくれる作者として紹介されていました。そこで『シェイクスピアを楽しむために (新潮文庫)』などを購入する過程で見つけたのがこの本でした。

作者について

  • 本書の時点(2013)で70歳超え
  • 本書によると、アイデア満載の短編小説を900本も書いたらしい
  • (見える幽霊ではなく、匂う幽霊の話など)
  • 旧約聖書、新訳聖書、コーランのダイジェスト本が人気

読書レビュー

70歳を超えて、こんなに簡潔でおもしろい文章を書けるというのがまずすごい!文章からもっと若い人を想像して読んでいました。本を読む前に著者の年齢までは調べていませんでしたので…

でも、なるほど、「つとに知られている」のような、懐かしい(古風な?)言葉がときどき出てきます。「つきづきしい」という言葉は初めて知ったので調べたところ、阿刀田さんの口癖なのでしょうか、他の本にも頻出するそうです(他ブログ参照)。

p15 夫婦愛などもつきづきしい
p48 比喩的なダイジェストとしてつきづきしい
p52 飲酒主義を要約してつきづきしい

「たけだけしい」と語呂が似ていますね。「似合っている」といった意味だそう。

阿刀田さんのアイデア作成メソッドは、私なり表現すれば、

知識+目的+個人(着目の仕方)→アイデア

著者の知識に著者なりのダイジェストをすると、古典は次のように解説できるとのこと。

p25
旧約聖書イスラエルの建国史
新約聖書イエス・キリストの伝記
コーランは偉い親父の説教

イデア発想はセレンディピティ次第。セレンディピティとは、努力すると現れる「棚からぼたもち」のこと

いろいろな知識や既存のものを着眼点を変えて組み合わせるという彼の手法は、他の人も書いているアイデア作りの王道ですが、それを小説に発展させているのが新鮮でした。

この本の影響

阿刀田さんのアイデア小説の発想秘話を読んでいると、自分でも何か話やネタを書きたくなってきてしまいます。そこで、子どものおもしろい行動と自然界の生き物を結びつけた話or図鑑を考えてみました。0歳だったうちの息子は誰もいないところへ向かって「いないいないばあ」をしていたのですが、そういう虫とかいないかな、って(笑)

また、今まで苦手としてきた分野の知識・教養にも興味が出たので、阿刀田さんの「知っていますか」シリーズを読んでいくことにしました。

関連して読みたい本

作中で紹介された書籍の中から。

「進次郎にみるプレゼン力」の章がおもしろそう。

明日物語 (文春文庫)

明日物語 (文春文庫)

著者が紹介した『発明の母』が収録されている本。

以下教養。

シーシュポスの神話 (新潮文庫)

シーシュポスの神話 (新潮文庫)

サン・ジェルマン伯爵考

サン・ジェルマン伯爵考

新編 算私語録 (朝日文庫)

新編 算私語録 (朝日文庫)

↑画家で絵本も描いている方です。
ご冗談でしょう、ファインマンさん〈上〉 (岩波現代文庫)

ご冗談でしょう、ファインマンさん〈上〉 (岩波現代文庫)

↑先日読み終わった『不死細胞ヒーラ ヘンリエッタ・ラックスの永遠なる人生』の関連本としてAmazonでチラチラ見かけていました。まさかここでつながるとは。
旧約聖書を知っていますか (新潮文庫)

旧約聖書を知っていますか (新潮文庫)

新約聖書を知っていますか (新潮文庫)

新約聖書を知っていますか (新潮文庫)

コーランを知っていますか (新潮文庫)

コーランを知っていますか (新潮文庫)

ギリシア神話を知っていますか (新潮文庫)

ギリシア神話を知っていますか (新潮文庫)

本に挟まっていたチラシより。

交通事故学 (新潮新書)

交通事故学 (新潮新書)

今読んでいる関連本

シェイクスピアを楽しむために (新潮文庫)

シェイクスピアを楽しむために (新潮文庫)

ロウソクの科学 (角川文庫)

ロウソクの科学 (角川文庫)