読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラマー兼主婦の雑記

築40年の戸建てに家族4人で住んでいます。

『知的創造の作法』を読んだら阿刀田高さんのブームがきました

短編小説家である阿刀田高さんのアイデア本を読みました。 知的創造の作法 (新潮新書)作者: 阿刀田高出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2013/11/16メディア: 新書この商品を含むブログ (7件) を見る ・ 読んだきっかけ 阿刀田さんのことは知らなかったのですが…

働き方改革 4冊目 草の根運動は『働き方革命―あなたが今日から日本を変える方法 』から?

前回読んだ本では「国の制度は先に変わらないので、自分たちから変わるべき」とありましたので、自分の変え方を書いた本を紹介します。 働き方革命―あなたが今日から日本を変える方法 (ちくま新書)作者: 駒崎弘樹出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 2009/05メ…

働き方改革 3冊目『ルポ 父親たちの葛藤 仕事と家庭の両立は夢なのか』の答えは業績目標次第?

男性の家庭進出なく女性の社会進出はない、ということで… ルポ 父親たちの葛藤 仕事と家庭の両立は夢なのか (PHPビジネス新書)作者: おおたとしまさ出版社/メーカー: PHP研究所発売日: 2016/06/18メディア: 新書この商品を含むブログ (1件) を見る 昨年2016…

働き方改革 2冊目『忙しいビジネスマンのための3分間育児』は女性でも役立ちます

1冊目はこちら。 ・ 昨年末、『忙しいビジネスマンのための3分間育児 (ディスカヴァー携書)』という本を読みました。著者の"おおたとしまさ"さんは育児や教育のジャーナリスト。父親のための育児相談サイトや講演会をひらいていて、ほかにも著作があります。…

知的生産の本にいたるまでと読んだ本

昨年秋頃から自分の読書ジャンルに「知的生産」が追加されました。 本を読んで実際に行動していることもあり、生活が改善されたと思っています。育休中のため仕事に活かせていないのが残念ではありますが、始めてまだ半年未満、今はまだ種まきの段階だと考え…

『僕らが毎日やっている最強の読み方』は本以外の紹介もあって楽しい

本についてブログを書く場合、いくつかの書き方があると思います。 書評、客観的にその本の良さや足りないところを紹介するもの 読書感想文、主観的な感想や受けた影響を書いたもの 読書レビュー、上の二つの中間(一番多そう) 私の場合は自分のための備忘…

『スピードハックス』★2だけど、著者を知れたのは良かった

『仕掛学』がアッサリしすぎていてすぐに読み切ってしまったので、同じ日にもう一冊読んだ本がこちらです。 スピードハックス 仕事のスピードをいきなり3倍にする技術作者: 大橋悦夫,佐々木正悟出版社/メーカー: 日本実業出版社発売日: 2007/01/31メディア: …

『社員を働かせてはいけない』という本を読んで育休復帰後のキャリアを考える

私は今、育休復帰後どのように働いていけばよいのか悩んでいます。 現在の状況 今回の育休は2度目であり、最後の育休になるはず 育休前は上の子の育児のために時短勤務をしていた 自部署には女性が数名しかいない 自分より勤続年数が長い女性は高位役職者1名…